各宗派やご意向によるお葬儀をお引き受けいたしております。


 その時〜お通夜

1. 担当医師による死亡診断書を1週間以内に市町村へ提出します。
2. 初期のお打合せ時のご要望や諸条件によって通夜式、告別式の
  日時、場所が決まります。
3. その後の式準備や諸手配はご葬家のご意向通りにすべて当社が
  代行いたします。
4. ご遺族の方は文字通り 一晩中通夜式を営みますが、ご弔問の
  ご参列は午後6時か7時から、8時か9時頃まで というのが
  普通です。
5. ご焼香の後、ご弔問客への「通夜ぶるまい」のお席の準備にも
  細心の心配りをいたしましょう。

 告別式

1. お葬儀の内容、式の進め方やいろいろな役目のご確認をすませ
  たら、喪服など身支度を整えます。
2. 葬儀開始の前に、ご遺族は祭壇に向かって右側に席次を決め、
  左側にはご参列の方々に着席して頂きます。
3. ご弔問客の受付接待や式後のご案内など、お葬儀進行の全ては
  当初お打合せ通りに、各世話役と葬儀社の専門スタッフによって
  行われます。

 最後のお別れ〜
  初七日法要など

1. 告別式の後、「最後のお別れ」や「別れ花」の儀を行って火葬場へ
  むかいます。
2. 霊柩車が出る前に、喪主または親族代表の方が会葬者へお礼と
  故人への思いをこめたご挨拶をします。
3. 火葬場では「納めの儀式」、「炉前祭」を行って荼毘にふしますが、
  この時必要なのが火葬許可証です。これは、その後埋葬許可証
  にもなりますので、大切に取り扱いましょう。
4. 火葬場からご自宅(斎場)にもどって還骨勤行があり、また近頃
  ではこの折に初七日法要を営む方も多く、この後、精進落としの
  お席を設けられるのが一般的です。
5. 精進落としは昔、忌明け後はじめて日常の食事をとることでしたが
  今ではお世話になった方々へ感謝と慰労の気持ちをこめた宴席と
  なっています。

 お葬儀の後

1. 葬儀事務の引継ぎとして、香典、会葬者名簿、弔辞弔電、供物供
  花控、各種領収証と精算。
2. 葬儀費用の支払い先は大別して、葬儀社関係、宗教儀礼関係、
  料理接待関係の3区分です。
3. 式後、数日内にお世話なった病院や関係団体、関係者の方々に
  ご挨拶を。正式には忌明け(七七忌法要や五十日祭等)を期に
  香典返しをお届けします。
4. 各官公庁や保険会社への手続きもなるべく早目に済ませましょう。
  例えば、相続関係や公的年金、税務関係の諸手続き、また保険
  金の申請や各種証券の名義書換え等があります。